読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沢田泰司の学(まなぶ)

私が痩せたいと思った時、家の中でもできるダイエット手段として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉量を増やすことでからだの中の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早歩きでの散歩を30分以上実行しました。これをなるべくなら毎日行うことで、わずか二ヶ月で5キロの減量を達成しましたが、継続することは努力がいることでした。基礎代謝をアップさせるということは痩せることにも効果を発揮します。
普段からあまり汗が出ない人は体の中に老廃物などが溜まりやすい状態になります。老廃物が体内に蓄積されることによって基礎代謝が下がってしまうので、汗をかかない人ほど太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝を良くする事によって汗をかきやすい体に、していくことが大切です。

目的を持って歩くことによって痩せることの注意点は、40分以上必ず続けて歩く事です。



歩く事のような有酸素運動で、体内の脂肪が燃え始めるのは、始めてから約30分後です。

歩く事を10分や20分したくらいでは、脂肪を燃焼する事はできず、ダイエットをする効果はかなり薄くなってしまうので、注意する事が大事です。年齢に伴いだんだんと体がたゆんできました。

痩せるためには運動と食事の管理が最適だとは思いつついっこうに時間が取れずに実施に移せませんでしたが、暫くぶりに体重計で計ってみてびくっとしたんです。
手始めに無理なく運動をするために、日頃の移動手段を歩きにすることから始めてみました。これで多少でも痩せると嬉しいです。


どうしてもやって来るのが痩せなくなってしまう時期です。


この時期にどうしたらいいのかと言うと、そのままダイエットを諦めてしまう人もいますが、無理のない範囲で継続するのが秘訣です。
もし、運動を中断してしまっているのなら、食べるものだけはカロリーに気をつけたり、食事を気に掛けないのなら、運動オンリーでも続けましょう。
ダイエットを成功に導くためにはウォーキングなどの有酸素運動をしなければいけません。酸素を消費する方法の運動により体内の不要な脂肪が燃えてなくなるので、気になる部分のサイズを小さくする事ができます。中には、厳しい筋肉トレーニングをやっている人もいますが、これはハードで三日坊主になる場合も少なくないでしょう。人間は年を重ねていくにつれて、体を動かすこと自体が減り、基礎代謝が下がっていく気がします。


そのせいか、時間をかけてダイエットをしても、思う通りに体重が減りません。やっぱり、体質を変えるところがスタートです。始めに、体を温めるために、生姜湯から、取り掛かりたいと思います。冬には良い飲み物ですし、これがあれば代謝がアップするでしょう。


ダイエットするにはまず筋肉を付けて基礎代謝を上げる事が重要です。



どんな筋トレが向いているのでしょうか?マラソンなどの有酸素運動が効果的ですが、そればかり続けすぎると、逆に筋肉が増えにくいと言われています。

大した程度でない有酸素運動の以後に筋力トレーニングを実施し、最後に再び軽く有酸素運動を行うのが効果が表れやすいようです。同じ仕事場の人との関わりの中でのストレスで、ここ最近、自分でも怖くなるくらいに過食しています。

ほっぺや顎や二の腕や、ウエストにもお肉を蓄えてぷよぷよで、何とかスリムになりたいなと、思うのですが、どうしても、あまり体を動かす時間がありません。こんなタイミングで、簡単にスリムを手に入れる薬があったらいいのになって思います。簡単な方法で、痩せる薬があるのなら、万札の1枚や2枚、払う覚悟はありますね。
それくらいせっぱつまった思いです。

ダイエットなどのために基礎代謝をあげるには有酸素運動が効果的だと一般的に知られています。
有酸素運動でも一番簡単で効果が見込めるのはウォーキングなのです。といってももちろん、何も考えずダラダラと歩いていては基礎代謝量を上げることは難しいです。
下腹部にぐっと力をこめるようにして、顎を心持ち引いて、できるだけ遠くの前方を向くなど筋肉を使いながら歩くことを意識しながらつづけることで、効果を上げることができます。

これさえ食べておけば絶対痩せる!なんて食べ物はないのです。

しかし、カロリーが低いものや、食物繊維が豊富で、お通じを良くしてくれるものは痩身の効果がありますよね。野菜、きのこ類、海藻類を多く取り入れると、体重の増加を抑えてくれるでしょう。また、体重が増えそうな食べ物を制限する必要があります。
呼吸に気を付けてお腹からするだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。
かっこいい体を手に入れるストレッチとしては深く呼吸すると同時に肩甲骨を動かすのが効果が見られやすいのだと聞きました。肩こりにも効果がみられるんですが、両腕を上にピンと伸ばしながら息を吸って、腕は天井に向けたまま、肘を曲げて身体の後ろに下げていきます。この時に息を吐きだして肩甲骨をキュッとさせるイメージです。一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20歳過ぎからだんだん、減っていきます。これは、成長期の終わりによって代謝量が一定の数値に安定したことと、運動量が少なくなったことにより筋肉量も同様にだんだんと低下しているからです。
中年と呼ばれる年代に差し掛かると太りやすい身体になっていくのはこういうれっきとした理由があるのです。
ダイエットをしようと思う人は運動によって減量を試みるのは普通ですが、時間や目標を決めて取り組んでいるのでしょうか?出来ることなら毎日朝、夜なら夜などの決まった時間に運動を試みたほうが痩せやすい体になることが出来るようになるのです。


ダイエットをする時は無理をし過ぎないことです。
食事を抜くダイエットは確実に痩せるのですが、実はデメリットもあるのです。

私の場合は生理に影響が出てきてしまいました。排卵が無くなってしまって、婦人科で薬をもらい治しました。

こういうことになる場合もありますから、あまり無理をしすぎると長続きしないということが経験から分かりました。実際、日常生活で歩く時にお尻に力を入れて大股であるくだけでも違いが出てきます。


ダイエットで、より無理なく痩せたい場合には、有酸素運動を続けるのが近道です。これは泳いだり、ウォーキングやジョギングをするといった運動です。栄養面で留意すべきはプロテインなどの、いわゆる良質なタンパク質を体内に取り入れることです。
脂肪分を分解させるためにはタンパク質を要するのです。

筋力があり、基礎代謝量が高い方が、ダイエットには好都合です。
イスに腰掛ける時に、背もたれを使わず出来るだけ背筋を引っ張るようにしたり歩き方を少しだけでも気をつけたりするだけでも、基礎代謝量を増大することができます。
座り方や歩行が美しくなれば、レディとしての魅力も上がります。是非頑張ってみてください。痩せることが出来る食事と言われたときのイメージは脂肪分や糖分が比較的少ないものが浮かびやすいと思いますが、私の個人的な経験から、塩分を控える食事がかなり効果があるといえると思います。

特に、上半身よりも下半身が気になるという人は、まずは減塩対策をはじめられることをお薦めしたいです。

簡単にダイエットしようとするのに食事を摂取しないのはダメです。長時間続かないし、具合を悪くしてしまいます食事を食べながら、カロリーの低いものに置き換えると良いです。スポーツを併用する人は、筋肉をつけ基礎代謝を上げるために高タンパク低カロリーの食べ物が、お勧めとなります。
体重を落とすのに効果的な運動といえば、エクササイズです。
ダイエットを達成させるためには、消費カロリーより摂取カロリーが上回ることが肝心なので消費カロリーが膨大なジョギングやエアロビクスやサイクリングのような運動がいいと思います。又、身体をシェイプアップしてかっこいいラインを作るためには筋トレも重要です。